コロナ機に1割が冷食利用 冷食協調べ

 日本冷凍食品協会が行った「冷凍食品の利用状況実態調査」によると、コロナ禍を機に冷凍食品の利用を始めた人は利用者の約1割を占めること、また男性の約3人に2人は冷食を自分で調理していることが分かった。
 同調査は2月19~20日にかけて、冷凍食品を利用している全国の25歳以上の男女1250人(各625人)を対象に、インターネットで実施した。冷食を使ったことがある人に、冷食の利用歴を聞いてみると、男女とも「コロナ禍以前から継続的に利用している」(女性89.