生協ひろしま創立50周年特集

生協ひろしま創立50周年特集:店舗事業=県内に7店舗を展開中

小売 2021.09.17 12294号 11面
生鮮商品の強化を進めている

生鮮商品の強化を進めている

精肉惣菜は特設スペースを設けてアピール

精肉惣菜は特設スペースを設けてアピール

人気の「つるい牛コロッケ」はお昼にはほとんどが売り切れる

人気の「つるい牛コロッケ」はお昼にはほとんどが売り切れる

健康志向商品の品揃えも強化

健康志向商品の品揃えも強化

移動店舗「ぷちこーぷ」、12年からスタートしている

移動店舗「ぷちこーぷ」、12年からスタートしている

昨年11月にスタートした「お買い物サポートカー」は全店での導入を検討している

昨年11月にスタートした「お買い物サポートカー」は全店での導入を検討している

 生協ひろしまの店舗事業は、「安心・安全な生協の商品をいつでも必要な時に手に入れたい」という組合員の声からスタートした。1987年に初の店舗となる「コープミニ緑井」(広島市安佐南区)を開業し、88年に「コープミニ五日市中央」(同市佐伯区)、89年に「コープミニ府中本町」(広島県府中町)と次々と小規模店舗を開業した(この3店舗は現在すべて閉鎖している)。
 この3店舗はすべて小規模で品揃えなどが十分行えなかったため、92年に生協ひろしま初の300坪(99

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 生協ひろしま創立50周年特集

    生協ひろしま創立50周年特集

    小売

     広島県内に約40万人の組合員を抱える生活協同組合ひろしま。1971年に前身である「広島県婦人生協」が創立され、今年50年目の節目の年を迎えた。創立以来、半世紀にわたって「つながりを大切にする」「安全・安心に暮らせる」「 […]

    詳細 >