伊藤ハム米久ホールディングス、GHG削減可視化システム構築に協力

 伊藤ハム米久ホールディングス(HD)は、全国肉牛事業協同組合と東京農業大学が共同実施する「肉用牛生産における温室効果ガス(GHG)削減可視化システム構築事業」に、同社の和牛生産事業の協力農場である「みらいファーム」(鹿児島県志布志市)を通じて協力する。
 同事業は、牛のゲップ中のメタンが削減できる飼料の給餌や排せつ物の早期の好気性発酵促進など、先進的な取組み事例におけるGHG削減の実態を科学的に把握し可視化することにより、肉用牛生産者に対してGHG削