2020新春の抱負:日本冷凍食品協会・伊藤滋会長 100周年迎え事業拡充

 日本経済は、海外経済の減速から輸出が落ち込んでおり、個人消費も引き続き弱い動きで推移しています。人手不足感は一層強まっており、食品製造業を含め大半の産業で必要な雇用確保が難しくなっています。さらに物流全体が従来のシステムでは立ち行かなくなり、産業全体に大きな影響を与えています。また近年、自然災害が多発しており、昨年も大型台風や豪雨被害が相次ぎ、国民生活や産業活動に甚大な影響を与えました。地球環境問題が深刻化する中で、経済活動への影響を十分考慮していく時代に入ったと思われます

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら