2020年年頭訓示:ニチレイ・大櫛顕也社長 最適航路で目的到達へ

大櫛顕也社長

大櫛顕也社長

 ニチレイグループは昨年4月、中期経営計画「WeWill 2021」をスタートし、これまでおおむね順調に推移している。だが取り巻く環境は不確実性を増しており、混沌(こんとん)としている。足元では労働力不足が想定以上に深刻化しており、原材料の調達価格についても新興国の需要増などを背景に絶対量が不足し、高騰が続いている。また世界中で急速に進むデジタル化により、生活者のライフスタイルやニーズが一層多様化・細分化している。  こうした状況下、目的地にたどり着くためには幾度となく視界不

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら