震災後の水産加工業、売上げ回復に遅れ 水産庁調査

 東日本大震災からの水産加工業者の復興状況は、生産能力が8割以上回復した業者は福島県など6県全体で67%となったものの、売上げが8割以上回復した業者は49%にとどまっており、依然として売上げ回復が遅れていることが分かった。水産庁が1~2月にかけて青森・岩手・宮城・福島・茨城・千葉県の水産加工業者にアンケート調査し、266企業から回答を得た。結果を7日公表した。
 それによると、売上げが震災前と同水準まで戻った理由では「新商品・新ブランドの開発」が25%

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら