日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

アヲハタ、2016年11月期連結決算

決算 2017.01.23 11473号 04面

 16年11月期連結(カッコ内は前年比)

 ▽売上高243億5400万円▽営業利益7億5800万円▽経常利益7億5000万円▽純利益4億6700万円

 〈今期業績予想〉▽売上高230億円▽営業利益9億5000万円▽経常利益9億7000万円▽純利益7億0000万円※16年11月期は決算期変更に伴う13ヵ月の変則決算のため、前年比は記載しない

...続きを読む

びん・缶詰

  • 決算

    アヲハタ、2016年11月期連結決算(2017.01.23)

     16年11月期連結(カッコ内は前年比)

     ▽売上高243億5400万円▽営業利益7億5800万円▽経常利益7億5000万円▽純利益4億6700万円

     〈今期業績予想〉▽売上高230億円▽営業利益9億5000万…

  • インタビュー

    岡本食品代表取締役社長 岡本嘉久氏

    中部メーカー新時代~2020年への旅~:岡本食品・岡本嘉久社長 レトルトパウチへの転換(2017.01.23)

     ☆…岡本食品は、1921年にトマトソース加工業者として創業。戦後にフルーツ、野菜缶詰の製造を開始し、これが会社の礎となっている。

     現在の売上構成比は、缶詰が70%、レトルトパウチ品、冷凍フルーツがそれぞれ15%ほどで、…

  • ニュース

    レトルトカレー、複数パック急速に拡大 市場シェアも12%強に(2017.01.20)

     レトルトカレーの4個パックを中心とした複数パックが好調だ。10年度に約40%増、11年度に約65%増と拡大基調となり、以降ほぼ毎年急速に成長を続けている。12年にはエスビー食品が「ホテル・シェフ仕様特製ビーフカレー」を投入し、16年…

  • セミナー・催し物

    西秀訓会長

    缶詰関連8団体、新年賀詞交歓会を開催 価値育み質の高さ維持(2017.01.18)

     日本缶詰びん詰レトルト食品協会など缶詰関連8団体は12日、東京都千代田区の経団連会館で新年賀詞交歓会を開催した。同協会の西秀訓会長(カゴメ会長)は、日本の成長率は低水準で推移するが、21年においても食品・日用品市場規模は、世界4位を…

  • ニュース

    瓶詰でショウガ本来の色合 いが一目で分かる「きざみしょうが」

    桃屋、久しぶりに「お徳用」発売 「きざみしょうが」205g(2017.01.16)

     桃屋は2月27日から、久しぶりに徳用・大容量品を導入する。売上げを倍増している「きざみしょうが110g」に「お徳用205g」を追加する。3月からTVCMも投下し、店頭販売を支援する。

     徳用品の発売は08年の「〓菜(ザー…

  • ニュース

    桃屋、「いか塩辛」を値上げ(2017.01.13)

     桃屋は、3月から「いか塩辛」の価格を改定する。主原料である国産スルメイカが高騰し、値上げを余儀なくされた。

     「いか塩辛110g」を対象に3月6日出荷分から値上げする。改定幅は未公表。塩辛に最適なスルメイカのみを使ってい…

  • 人事

    はごろもフーズ、1月4日付人事異動(2017.01.06)

     1月4日付

     ▽事業戦略室マネージャー(事業戦略室部長代理)毛利高志

     ▽バンコク駐在員事務所課長(シーチキンユニット兼デザート・総菜ユニット課長開発担当)宮本太平

     ▽大阪支店課長フードサポート…

  • セミナー・催し物

    日本製缶協会、大和千葉製罐で缶詰使い料理講習開催(2016.12.21)

     日本製缶協会は13日、大和千葉製罐(千葉市中央区)で缶詰を使った料理講習会(写真)を行った。

     同協会は、缶詰を使って簡単にできる料理を製缶会社の社員にも知ってもらおうと数年前から、製缶会社の社員を対象に実施している。今…

  • ニュース

    西秀訓会長

    2016年缶詰業界10大ニュース 災害備蓄食で関心高まる(2016.12.19)

     缶詰記者会は14日、「2016年缶詰業界10大ニュース」を選定、地震・台風の頻発により、災害備蓄食としての缶詰類への関心が高まったことがトップに選ばれた。熊本地震の際などに、協会会員が68万3000食を支援・拠出した。