厚労省、HACCP普及へ素案 自主的取組み促す

総合 ニュース 2015.03.18 11154号 01面

 厚生労働省の「食品製造におけるHACCPによる工程管理の普及のための検討会」は16日、具体的な普及方策の素案について検討した。年度内にまとめる予定の最終報告のたたき台。承認制度である総合衛生管理製造過程(マル総)と異なり、企業の自主点検など自主的取組みを促す、近い将来のHACCP義務付けの準備を急ぐための制度だ。  年間売上げ100億円以上の大規模事業者は8割がHACCP手法を導入、1億円から50億円までの中小規模では3割程度と低い。厚労省は「日本の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら