日本弁理士会の連載講座 農林水産業における知的財産

日本弁理士会の連載講座(下)植物新品種の保護制度

総合 2020.02.19 12016号 03面

 ◇育成者権を用いた知財活用事例:海外取得で周年供給が可能に  ●海外無断栽培事例(育成者権の海外取得の必要性)  ブドウ品種『シャインマスカット』の苗木が中国など海外に流出し、無断で栽培された事例が報告されている。ところが、シャインマスカットの育成者権は海外では取得されていないため、海外で育成者権を主張することができない。無断栽培の青果物の日本への逆輸入による被害のほか、海外の潜在的マーケットの喪失など大きな問題がある。日本国内のみならず海外でも新品種登録をしておく必要性を

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 日本弁理士会の連載講座 農林水産業における知的財産

    総合

     以前と比べて、「知的財産」という言葉は世間に広く浸透してきたといえるだろう。この傾向は農林水産業の分野においても例外ではない。しかしながら、知的財産の重要性を認識してはいるものの、実際のビジネスにおいてそれをどのように […]

    詳細 >