日本弁理士会の連載講座 農林水産業における知的財産

日本弁理士会の連載講座 農林水産業における知的財産(上)ノウハウ・データも保護

総合 2020.02.05 12009号 03面

 以前と比べて、「知的財産」という言葉は世間に広く浸透してきたといえるだろう。この傾向は農林水産業の分野においても例外ではない。しかしながら、知的財産の重要性を認識してはいるものの、実際のビジネスにおいてそれをどのように活用すべきか分からないといった声もよく耳にする。本連載では、農林水産業に関連する知的財産全般の説明と最新の活用事例を3回にわたって紹介する。      *  知的財産と聞くと、特許や商標のことを思い浮かべる方が多いのではないだろうか。  特許権とは、新しく生み

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 日本弁理士会の連載講座 農林水産業における知的財産

    総合

     以前と比べて、「知的財産」という言葉は世間に広く浸透してきたといえるだろう。この傾向は農林水産業の分野においても例外ではない。しかしながら、知的財産の重要性を認識してはいるものの、実際のビジネスにおいてそれをどのように […]

    詳細 >