新井ゆたか・加藤孝治編著『食品企業 2030年、その先へ 海外展開なくして成長なし』日本食糧新聞社刊

総合 新刊紹介 2022.10.31 12487号 03面

日本食糧新聞社は「食品企業 2030年、その先へ 海外展開なくして成長なし」(新井ゆたか・加藤孝治編著)を発行しました。

本書は2030年にかけての食品企業のグローバル戦略を取り上げています。20年代に入り、日本企業のグローバル戦略の必要性は、さらに高まっています。第1部では30年を展望したグローバルポートフォリオの課題として、日本の食品企業の海外展開を振り返り、戦略や地球市民としての責務を説いています。第2部では新たな事業領域を探るイノベーション・日本独自の商材、キラーコンテンツの活用・社会課題の解決に向けての三つのカテゴリーでさまざまな企業の動きを紹介しています。海外市場へのアプローチは、食品企業に課された課題です。本書にはその解決のヒントと先進事例が満載です。ぜひ、海外戦略立案の参考資料としてご活用ください。

〈主な内容〉《第1部》2030年を展望したグローバルポートフォリオの課題–日本の食品企業の海外展開を振り返る/グローバル食品企業の戦略/サステナビリティ=地球市民の責務/コラム:フードテック(Foodtech)/人口減少する日本市場の将来《第2部》チャレンジする日本の食品企業に学ぶ–▽新たな事業領域を探るイノベーション(味の素社/明治)▽日本独自の商材、キラーコンテンツの活用(日清食品グループ/ハウス食品グループ本社/キッコーマン/江崎グリコ/伊藤園/亀田製菓/オタフクソース/スギヨ/ヤマキ/三島食品/白鶴酒造)▽社会課題の解決に向けて(不二製油グループ本社/日本ハム)

〈定価・体裁・ISBN〉定価2750円(税込み・送料別)、A5判、223ページ、978-4-88927-281-9 C3036

〈申込先〉日本食糧新聞社読者サービス本部、電話03・3537・1311、FAX03・3537・1071、ホームページ=https://order.nissyoku.co.jp/、Eメール=honbu@nissyoku.co.jp

直販サイトはこちら

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら