昭和冷凍食品、業務用・家庭用製品を値上げ

 昭和産業は11月26日、100%子会社の昭和冷凍食品が業務用と家庭用冷凍食品の製品価格を、22年3月1日納品分から改定することを発表した。改定内容は、業務用冷凍食品と家庭用冷凍食品を約5%~15%値上げする。世界各国での食料需要の増加による原材料価格の高騰や、国内外での人件費の増加、原油価格の高騰に伴う燃料・包装資材・原料価格および物流費が上昇する環境の中、原料・資材の調達方法の見直し、生産コストの削減に向けて全力で取り組んできたが、企業努力の範囲内では吸収できない状況とな

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら