昭和産業・23年3月期重点施策 全事業で価格改定 安定的な原料調達図る

小麦加工 ニュース 2022.06.01 12408号 01面
新妻一彦社長

新妻一彦社長

 昭和産業の23年3月期の重点施策として、新妻一彦社長は「全事業における価格改定を着実に実施していく」と方針を語った。加えて穀物ソリューションカンパニーとして安定的な原料調達を行う。
 事業別の戦略として、製粉事業では「グループ5社の一体運用体制による生産性の向上」「焼成パンの収益構造改革の継続」「輸出粉の戦略的販売」に取り組む。焼成パンではグループ4社一体運営による経営の最適化・効率化で収益改善を図る。さらには今までにない新しい商品の開発と、購買意欲