みたけ食品工業、60周年・新社屋披露式典 武内秀行社長「令和も貢献、飛躍誓う」

農産加工 ニュース 2019.06.12 11891号 01面
武内秀行社長

武内秀行社長

2月に竣工した新社屋

2月に竣工した新社屋

 みたけ食品工業は、設立60周年と新社屋落成を記念する披露式典を5日、埼玉県戸田市の本社で開催した。同社と取引のある商社、メーカー、食品スーパー、業界団体などから約150人が出席した。  式典では始めに、同社60年の歩みを紹介。1959年に先代の武内一雄氏が前身の武内商店からみたけ食品工業を設立。97年に武内秀行社長が就任以降は、積極的な戦略で会社が大きく飛躍。2018年度売上げは45億円となり就任当時から3倍以上の成長を遂げた。  武内社長は「令和の新しい年を新社屋で迎えら

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら