プリマハム、発売20周年「香薫」に注力 値上げと販促合わせ浸透へ

乳肉・油脂 決算 2022.05.18 12399号 03面
千葉尚登社長

千葉尚登社長

 プリマハムの22年3月期連結決算は、増収減益となった。ハム・ソーセージと加工食品は前年を上回り、主力の「香薫」は10年連続2桁増を達成した。売上高は前年比0.3%増の4195億9100万円、営業利益は同39.6%減の129億6600万円、経常利益は同33.6%減の148億8300万円、純利益は同31.4%減の97億1800万円だった。
 9日の決算会見で千葉尚登社長は、主な減益要因として「ミートショックあるいは円安、食材価格の高騰など、もろもろのコス