11月商業動態 CVS好調、百貨店は低調続く

小売 統計・分析 2020.01.15 11997号 10面

 経済産業省が発表した商業動態統計月報(速報)によると、百貨店は総じて低調、コンビニエンスストア(CVS)は好調だった。10月の消費増税を境に、百貨店は駆け込み需要の反動減が続き、CVSはキャッシュレス2%還元の効果が出ている。  百貨店の既存店売上げは4.8%減だった。食品は0.2%減にとどめたものの、他の業種のように前年クリアには至らなかった。  スーパーの既存店は0.2%減だったが、食品は0.6%増と前年を超えた。エリア別に見ると、東北・関東・中部が既存店ベースで前年を

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら