11月地域生協供給高、個配は前年割り込む

小売 統計・分析 2022.01.12 12346号 07面

 日本生活協同組合連合会(日本生協連)がまとめた全国65主要地域生協の11月度供給高(速報)は、店舗が前年比0.9%減の757億円、宅配が1.7%減の1615億円、総供給高は1.2%減の2431億円だった。
 総供給高の前年割れは2ヵ月連続で、宅配の主力である個配が0.6%減となったことが響いた。
 19年比では店舗が4.1%増、宅配が12.8%増(個配は17.2%増)、総供給高は9.8%増と高い伸長率が続いている。ただ、2桁伸

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら