味の素AGF・春季製品戦略

味の素AGF・春季製品戦略(上)家庭用はスティック中心に4つのキーワード対応

飲料 2020.01.22 12000号 03面
古賀大三郎部長

古賀大三郎部長

「簡便性」や「健康栄養」価値を訴求する「『ブレンディ』スティック 冷たい牛乳で飲む」シリーズ

「簡便性」や「健康栄養」価値を訴求する「『ブレンディ』スティック 冷たい牛乳で飲む」シリーズ

 味の素AGF(AGF)は今春、「AGFスペシャリティによる市場創造」を最大テーマに、「パーソナル化」「プレミアム化」「健康栄養価値化」「社会課題解決」という四つのキーワードへの対応を加速させ、新たな需要創造に挑む。  古賀大三郎リテールビジネス部長は「この春夏上期は四つのキーワードに対応するアイス需要を喚起するラインアップを揃えた」と語る。主力の「ブレンディ」スティックでは、冷たい牛乳を注ぐだけで、クリーミーで濃厚リッチな味わいが楽しめる「『ブレンディ』スティック冷たい牛乳

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 味の素AGF・春季製品戦略

    飲料

     味の素AGF(AGF)は今春、「AGFスペシャリティによる市場創造」を最大テーマに、「パーソナル化」「プレミアム化」「健康栄養価値化」「社会課題解決」という四つのキーワードへの対応を加速させ、新たな需要創造に挑む。

    詳細 >