こめ油が上昇基調 トライアル喚起の絶好機

 伝統産業である「こめ油」がジワリ上昇している。独自の香味や高い健康機能、国産原料(米ぬか)などを追い風に堅調に推移。中でも家庭用はボリュームは小さいが使用頻度が向上しており、プレミアム油としての地位構築が期待されている。課題である認知も右肩上がりで上昇、トライアル喚起の絶好機を迎えている。  市場規模は現状、家庭用で20億円前後と推定されるが、店頭施策や露出次第では急伸長の可能性もある。業務用は価格面で苦しい状況も、ここにきてメーカーが外食向けのテコ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら