マーガリン巻返し バター風味が需要拡大

 バター不足を背景に、マーガリン市場が今秋冬、注目を集めそうだ。家庭用・業務用ともに上期は前年割れを強いられたが、秋口からバター風味製品の需要がさらに拡大。フレーバー系や機能性アイテムも含め、家庭用では有力各社が露出策を積極化したほか、業務用でも末端市場(製菓・製パンなど)への積極提案が加速している。根強いバター代替需要に加え、マーガリンならではの風味や食感での差別化を進行、巻き返しに期待がかかる。  市場では昨夏~冬、価格改定・容量変更を実施。一方で

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら