ADEKA食品事業、減収減益でスタート

乳肉・油脂 決算 2020.09.16 12114号 03面

 加工油脂大手、ADEKAの21年3月期第1四半期食品事業は、食パンや菓子、ラーメン・カレー向けの加工油脂製品が堅調だったものの、外食や土産菓子の需要減が影響し、減収減益でのスタートとなった。  化学品など非食品部門を含めた同社の第1四半期連結業績は、売上高678億4900万円(前年比3.3%減)、営業利益50億4600万円(同12.3%増)、経常利益45億1200万円(同6.7%増)、四半期純利益31億0400万円(同3.4%減)。うち食品事業は売上高163億7000万円(

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら