キユーピー、通期利益を増額 コスト低減・海外回復で

調味 決算 2020.11.30 12153号 02面

 キユーピーは19日、20年11月期の連結業績予想を修正した。業務用向け商品を中心に厳しい環境が続いているが、コスト低減の取組みを強化したことに加え、海外での利益回復が予想を上回る見込みであることから、通期での利益予想を上方修正する。
 修正後の通期予想は売上高5300億円(変更なし)、営業利益275億円(前回発表比35億円増)、経常利益280億円(同38億円増)、当期純利益107億円(同30億円増)。通期予想の修正は4月、7月に続き3度目となる。(村

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら