ミヨシ油脂、プラントベースで牛脂を再現 「botanova」から商品化

独自のコクやうまみを植物性原料のみで実現した「botanova」

独自のコクやうまみを植物性原料のみで実現した「botanova」

 業務用加工油脂大手のミヨシ油脂は、植物性原料のみで動物性油脂の特徴を再現した食用油脂ブランド「botanova(ボタノバ)」から、新たに「牛脂」の風味を再現した「植物のおいしさ 牛脂風味」を商品化し、12月から順次提案している。独自の香味と呈味技術を駆使し、代替化が難しいとされる「牛脂」独自のコクやうまみを植物性原料のみで実現。カレーやソースのコク出しや焼き肉の炒め油など多彩なメニューで活用でき、ヘルシー化を図れる。
 同品は動物性原料不使用の牛脂風