台湾南部の名産世界に 高雄国際食品見本市レポート

台湾南部の名産世界に 高雄国際食品見本市レポート(中)特産的価値の市場定着を

総合 2019.12.11 11983号 04面
豊かな海洋資源に恵まれた高雄ならではの製品群

豊かな海洋資源に恵まれた高雄ならではの製品群

会場で目を引いていた、卵サラダパンを焼魚で巻いた惣菜

会場で目を引いていた、卵サラダパンを焼魚で巻いた惣菜

 高雄市には台湾にして最大、アジアでも大規模レベルのコンテナ港である高雄港を有し、輸出入の窓口としても発展してきた。その一方で、台湾屈指の遠洋漁業基地となる16の漁港が存在。同市の漁獲量は57万8000t、台湾全体(18年)の半分を担う。また水産養殖については、養殖総面積約4000haを有し、長い海洋文化を持つ地域だ。  また同市には七つの漁師組合があり、約7万人が会員になっている。高雄市政府海洋局では、この組合に対し海洋産業指導を行っている。  ●海洋局が関与  近年、台湾

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 台湾南部の名産世界に 高雄国際食品見本市レポート

    台湾南部の名産世界に 高雄国際食品見本市レポート

    総合

     中華民国対外貿易発展協会(TAITRA)は、台湾経済部国際貿易局が主催する「Kaohsiung Int’l Food Show 2019(高雄国際食品見本市)」を10月24日から27日まで台湾南部の高雄市で […]

    詳細 >