食品経営者フォーラム「トップの危機管理」テーマに7月17日開催

 日本食糧新聞社主催の食品経営者フォーラムは元日本航空機長で危機管理専門家・小林宏之氏を迎え、7月17日にホテルニューオータニ東京で開催する。テーマは「トップの危機管理」。

 42年間、日本航空が運航したすべての国際路線および国内線に乗務し総飛行時間は1万8500時間。機種はB727・DC8・B747・DC10・B747-400。首相特別便機長、湾岸危機時の邦人救出機機長を歴任した小林氏から危機管理・リスクマネジメントの考え方を聞く。

 ▼会合名=食品経営者フォーラム▼日時=2020年7月17日(金)午後4時~5時30分▼交流会=午後5時30分~7時▼会場=ホテルニューオータニ東京(東京都千代田区紀尾井町4-1)講演会:アリエス/交流会:クレセント▼参加費用=正会員無料(代理出席可)、特別会員無料(代理出席不可)、一般参加1人2万2000円(交流会費、税込み)▼講師=危機管理専門家・航空評論家(元日本航空機長)小林宏之氏▼テーマ=「トップの危機管理」

 ▼問い合わせ=日本食糧新聞社事業本部:電話03・3537・1310、FAX03・3537・1071、http://bit.ly/Ke3If3

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら