食品ニューテクノロジー研究会講演:大阪大学産業科学研究所・関谷毅教授

パッチ脳波センサシステム(医療機器認証番号:302AFBZX00079000)

パッチ脳波センサシステム(医療機器認証番号:302AFBZX00079000)

手軽な脳計測が切り拓く未来

手軽な脳計測が切り拓く未来

 ●「『食の力を科学する!』に貢献する脳活動の手軽な可視化技術」 大阪大学 産業科学研究所 教授 関谷毅氏
 「脳」はとても身近な存在で、その活躍ぶりに気付くことは容易ではない。脳はとても繊細なため、例えば頭に計測機器を取り付けて測定を行うと、違和感、装着感から対象者の脳が「測られていること」を自覚し、計測結果にも影響が及ぶ。そのため、日常生活中の自然な活動時の脳活動を計測することは大変難しい取組みだ。
 もし、日常時の脳活動を

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら