食品ニューテクノロジー研究会講演:東京海洋大学・渡辺学教授

 ●「過冷却現象を活用した冷凍食品の革新的製造技術の現状」 東京海洋大学 食品品質設計学講座 食品冷凍学研究室 教授 渡辺学氏
 食品は生体由来の材料からなるため、一般的に品質劣化速度が速い。このため、食品を長期間保存するためのさまざまな方法(乾燥、塩蔵、密封殺菌など)が実用されているが、これらの方法では成分の変質が原理的に避けられない。冷凍は、食品を今ある状態でそのまま保存できる唯一の方法である。
 しかし、凍結点以下の温度で

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら