今年の上半期の脱酸素剤、鮮度保持剤

「鮮度保持剤」の今年の上半期(1~6月)の平均月産数量(酸素吸収能力一〇〇㏄換算)の対前年比の伸びは一五%増程度だったという。 天候不順と景気の悪さから「品物が余り動かなかったため」としている。 ここ数年変わらぬ傾向として「C」(脱酸素+炭酸ガス発生)対「F」(標準型鉄粉系脱酸素剤)の比率が「F」へとますます傾いてきていることで、比率は数年前の四対一が二対一に縮まっているという。 「F」の伸長は、食品全て

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら