秋の夜長のお供に楽しむ新製品ランキング、食のプロ注目1位は泡立つチューハイ

秋の夜長を肌で感じる時節になった夜は、本を読んだり映画やビデオを見たり…のんびりと自分時間を楽しみたいものである。そこには“おいしいお供”が必須ではないか。
そこで今回は、「秋の夜長、お供に楽しみたい」新製品ランキングをお届けする。なおデータは、日本食糧新聞社が運営する食品業界向け会員サイト「食@新製品」から使用した。

【1位】チューハイなのに泡立つ「サッポロ レモンアワー」

“市場に新たな驚きを!”をコンセプトに開発された「サッポロ レモンアワー」は、グラスに注ぐと、なんとビールのような泡立ちを楽しめる高アルコール系チューハイだ。

RTD(レディ・トゥ・ドリンク)市場は、「高アルコール系商品」と「レモンサワー」がけん引しており、同品はまさに両者から成り立つ注目の商品。ビールのような泡持ちと滑らかな口当たりを実現し、しっかりとしたレモンの香り、さらりとキレる後味が特徴。

340ml缶で141円(税別)。10月1日から数量限定で全国発売中。

サッポロビール「サッポロ レモンアワー」

【2位】パティシエの技術が光るアイス「誘惑のバターキャラメル」

2位は、パティシエたちそれぞれの技術で、驚きと感動の味わいを生み出したアイスの新シリーズ「Patire(パティレ)」の「誘惑のバターキャラメル」。

ミルクキャラメルとビターキャラメルの2種を組み合わせた「バターキャラメル」は、何度も食べたくなる甘さのキャラメルアイスで、食感と後味を残すバタークッキーを混ぜ込んでいる。

原料にもこだわる誘惑のフレーバーは、「バターキャラメル」のほか、「バニラ」「ラムレーズン」「ザッハトルテ」の全4アイテムで展開。

「バターキャラメル」40ml×6本で350円(税別)、「バニラ」120mlで140円(税別)、「ラムレーズン」40ml×6本で350円(税別)/120mlで140円(税別)、「ザッハトルテ」11ml×15粒で450円(税別)。9月9日から全国発売中。

協同乳業「誘惑のバターキャラメル」

協同乳業「誘惑のバターキャラメル」

【3位】まるで焼き菓子のような上質感の「辻利 <抹茶ふんわりサンド 粒あずき入り>」

3位は、人気のアイスシリーズ「辻利」の新製品<抹茶ふんわりサンド 粒あずき入り>。京都宇治総本家辻利の抹茶を、焼菓子部分とアイス部分に贅沢に使用し、粒アズキソースで食感と満足感を付与した抹茶サンドアイスだ。

昨年は<ブッセ>として、もちソースを組み合わせていたが、今年は粒感のあるアズキが使用されている。ふんわりとした焼菓子と上質な和素材の組み合わせは、贅を尽くした一品だ。

1袋68mlで 184円 (税込)。9月30日から全国発売中。

明治「辻利 <抹茶ふんわりサンド 粒あずき入り>

【4位】いつもの「パリパリバー」をちょっとリッチにした「パリパリサンド」

4位は森永製菓のロングセラーアイス「パリパリバー」を、サンドアイスにした「パリパリサンド」。「パリパリバー」の特徴である層状のパリパリチョコとバニラアイスを、シンプルなビスケットでサンドしている。チョコにはベルギー産チョコを使用することで、「パリパリバー」よりもちょっとぜいたくな味わいに。

同社の焼き菓子技術と、パリパリチョコとバニラアイスの同時充填技術を応用し開発された「パリパリバー」は、いつもより少し贅沢な食べごたえで心まで満たされるような、くつろぎのひとときを提供したいという同社の想いも詰まっている。

1袋70mlで194円(税込)。9月9日から全国発売中。

森永製菓「パリパリサンド」

【5位】“こんなビール、できたらいいな”を実現した「HOPPIN’ GARAGE <婚姻のグレジュビール>」

「HOPPIN’ GARAGE」は、一般消費者から募った斬新なアイデアをもとに極小ロットでビールをつくり、コミュニティ内のユーザー評価や市場性を踏まえて実際に商品化を目指すプロジェクトで、2018年10月よりスタート。ここから企画された11種類のビールのうち、評価の高かった3商品が数量限定で一般販売された。

<婚姻のグレジュビール>はSoup Stock Tokyoなどを展開するスマイルズの社長、遠山正道氏のアイデアを元に商品化。グレープフルーツ果汁を発酵前に添加し、爽やかでフルーティーかつ力強い味わいに仕上げており、中世の架空の貴族シトラス家とモルトファミリーとの婚姻をテーマに企画している。

このほか、ラトビアの首都リガで飲んだ思い出のビールにインスピレーションを得たというキッチハイクの共同代表/COO山本雅也氏のアイデアを元にした<もぐもぐして探検するハニー>や、トウモロコシを原料の一部に使用し、焙煎麦芽で焦がした香りをつけ、バーボンを思わせる香り高いビールに仕上げた、一般消費者・森本夏実氏のアイデアを元にした<佐世保スイングエール>もある。

350ml×12缶で3980円(税別)。9月10日より通販、サッポロビールWebサイトにて数量限定で発売中。

サッポロビール「HOPPIN’ GARAGE <婚姻のグレジュビール>」

以上、食のプロが注目する「秋の夜長にお供として楽しみたい」新製品ランキングをお届けした。どの商品も贅沢感や特別感を演出しており、のんびりと過ごしたい秋の夜のひとときにはぴったりではないか。今しか味わえない数量限定品もあるのでトレンドを押さえておこう。

【関連記事】

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら