江崎グリコ、札幌で液体ミルク勉強会 震災から1年、防災拠点「道の駅」を支援

11人の一般参加者が液体ミルクを体験

11人の一般参加者が液体ミルクを体験

「アイクレオ赤ちゃんミルク」

「アイクレオ赤ちゃんミルク」

 江崎グリコは、昨年9月6日に発生した北海道胆振東部地震から約1年が経過した今月3日、北海道札幌市内で液体ミルクについての現状と今後の展望に関するメディア向け勉強会・一般消費者対象の体験会を開催。同社はこれまでも防災や普段使いでの液体ミルク活用を普及・啓蒙(けいもう)してきたが、今後北海道の「道の駅」へのサポートとして、液体ミルクのローリングストック(販売・備蓄)をサポート。正しい知識や使い方の啓蒙を促進し、防災拠点としての「道の駅」を支援していく方針だ。  勉強会では、西村

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら