前田浩史・矢澤好幸編著『東京ミルクものがたり』農文協刊

総合 新刊紹介 2022.05.13 12397号 05面

都会に酪農乳業の息づかいを 感じられる一冊

都会に酪農乳業の息づかいを 感じられる一冊

 コロナ禍で外出自粛や行動制限のムードが強まり、それまでのような旅行をすることが難しくなったことを背景に、大手出版社を含め、テーマ性を持った旅行書・ガイドブックが数多く書店に並ぶ光景も当たり前になった。内容にも強いストーリー性が求められてもいるようだが、1970年代に登場した「アンノン族」しかり、書籍や雑誌を片手に実際に自らの足で訪れたいと思う気持ちを引き起こすのが、旅行書・ガイドブックの本懐だろう。
 「東京ミルクものがたり」は、酪農乳業関係者や研究