北杜市と東洋ライス、SDGs包括連携協定を締結 持続可能な農業を

農産加工 ニュース 2020.07.31 12090号 01面
雑賀慶二東洋ライス社長

雑賀慶二東洋ライス社長

渡辺英子北杜市長

渡辺英子北杜市長

 山梨県北杜市と東洋ライスは29日、コメを中心とした持続可能な農業の推進を通じて、SDGsの達成を目指す包括連携協定を締結した。同市で生産される良質米を東洋ライスの技術力でさらに付加価値を高め、地域活性化にもつなげる。SDGsを核とした行政と企業の連携は極めてまれ。  連携内容は、同社が開発したBG無洗米とその副産物である「米の精」を活用することで、同市の基幹産業である農業を発展させ、ブランド力を高める。また、学校や幼稚園、保育園給食への採用など、食育活動や地産地消の推進にも

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら