全国米穀販売事業共済協同組合、総会を開催 組合員負担金の半減決定

農産加工 総会 2020.08.05 12092号 02面

 米穀卸売業者が組織する全国団体、全国米穀販売事業共済協同組合(全米販)は7月28日、通常総会を開催。今年に限り組合員の負担金を半額に減額する異例措置を決定した。グループのコメ取引事業再編も進め、産地集荷を担う「クリスタルライス」と、取引業務を行い価格も公表する「日本コメ市場」に関して「統合を検討する」(木村良理事長)と発表した。今期予算では、組合員負担金収入4522万円を見込み、前年の8793万円から大幅縮小。役員報酬の減額や経費節減などを行うものの、今期は1267万円の赤

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら