和食文化国民会議、和食と免疫力でシンポジウム キヤノン財団と共催

辻典子産業総合研究所上級主任研究員

辻典子産業総合研究所上級主任研究員

 コロナ禍で話題の「免疫」をテーマにしたシンポジウムが、和食のメッカ京都で開催された。13日、和食文化国民会議がキヤノン財団と共催した「和食と健康2020秋~免疫力をあげる賢い『食』を考える」だ。会場の京都市下京区「京都産業会館ホール」に、健康に強い関心を持つ約100人が参集。世界的に注目される和食だが、健康にどのように役立つのか。今回、免疫力にスポットを当て、科学的側面から最新研究を報告した。  研究発表では、小柳喬石川県立大学生物資源環境学部准教授が「伝統発酵食品が育んだ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら