書評:齋藤秀一著『発達障害でIT社長の僕』

総合 ニュース 2021.10.18 12310号 04面

 「農福連携」「6次産業」--時代のキーワードを具現化するココトモファーム。母体はIT企業で、業界初の障害福祉事業者向け施設運営管理システムの開発に成功し、全国の児童発達支援・放課後等デイサービスに販売する一方、別会社で自ら、放課後等デイサービスを運営する。そこに通う子どもたちの働く場を作るための農業であり、農商工福連携なのだ。
 まさしくトップランナー企業だが、社長の齋藤秀一氏は、少年時代は不登校、社会人になってからも自分の居場所を見つけられず、転職

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら