JAいちかわ、コーシャ認証取得米をドバイに輸出

農産加工 ニュース 2021.11.26 12329号 03面
記念式典で右からギラッド・コーヘン次期駐日イスラエル大使、薗浦健太郎衆議院財務金融委員長、今野博之代表理事理事長

記念式典で右からギラッド・コーヘン次期駐日イスラエル大使、薗浦健太郎衆議院財務金融委員長、今野博之代表理事理事長

JAいちかわ(千葉県)は、コーシャ認証を取得した地元産米新品種「粒すけ」の新米を11月下旬、ドバイに初出荷する。コメで同認証取得は国内初で、中東諸国の旺盛な日本食需要に対応。同組合では17日、新たな輸出機会の創出に感謝の意を表明するため、次期駐日イスラエル大使のギラッド・コーヘン氏を招き、記念式典を開催。同氏は「長年の夢がかなった。日本米を含めた日本食文化をイスラエル人は大好き。おいしい日本米が、両国の友好関係をより強固なものとすることを確信している」と喜びの意を表明した。

書籍紹介