トキタ種苗、大利根研究農場で「オープンデー」開催 野菜の本質アピール

純白で美しい外観が特徴の「とろ~り旨なす」

純白で美しい外観が特徴の「とろ~り旨なす」

 トキタ種苗は18~19日、埼玉県加須市の大利根研究農場で恒例の「オープンデー」を開催した。コロナ禍で生活者のライフスタイルが変化する中、内食需要の拡大や健康志向の強まりを背景に、野菜への関心が高まる中、「おいしいものは体にいい」をテーマに、野菜の栄養素を色で分かりやすく訴求。野菜という毎日食べる食材を栽培する生産者と関わる実需者らに野菜の本質を追求した。農場には、生産者や野菜バイヤー、シェフほか、野菜に興味のある消費者を含め約1800人が参集し、完全予約制に代表される感染防

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら