全国豆腐連合会、JAS法説明会開催 豆腐の規格化進展へ

農産加工 ニュース 2024.06.07 12767号 04面
東田和久全豆連会長

東田和久全豆連会長

島崎眞人日本農林規格協会専務理事

島崎眞人日本農林規格協会専務理事

三好兼治日本豆腐協会会長

三好兼治日本豆腐協会会長

 豆腐業界では国際化を視野に、価格転嫁や価値訴求のための規格・認証の設定を長年にわたり議論している。全国豆腐連合会(全豆連)は5月29日、参議院議員会館(東京都千代田区)で「-JAS制度を豆腐に活かそう- JAS法の過去と現在」を演題に、「農林物資の規格化等に関する法律」(JAS法)の説明会を開催した。17年の改正以来、多業界の関心が集まるJAS法についての日本農林規格協会の島崎眞人専務理事による講演に、業界関係者ら約100人が参加した。
 日本の豆腐

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介