ビジネスフォーカス:マルエス イカの一本足打法脱却へ イカに頼らない新たな柱模索

菓子 インタビュー 2021.04.23 12219号 09面
田中稔朗代表取締役

田中稔朗代表取締役

炊き込んで作り上げる「大豆ジャーキー」

炊き込んで作り上げる「大豆ジャーキー」

「まめの木」とのシナジーを発揮したラングドシャクッキー

「まめの木」とのシナジーを発揮したラングドシャクッキー

 【関西】1947年に創業し、「いか天大王」をはじめとした“イカフライ市場”でトップシェアを誇るマルエス。イカフライばかりに頼ってしまう「イカの一本足打法」では原材料確保や、嗜好(しこう)の変化に対応できないとして、フライ品に加えて、2000年にレトルトと炊き込み加工、さらに近年では洋菓子の製造も開始。新たな柱を模索続ける田中稔朗代表取締役に話を聞いた。(篠原里枝)

 ●「いか天大王」は家飲みで高支持

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら