よく食べる果物、バナナが15年連続1位 日本バナナ輸入組合調べ

よく食べる果物の1位は15年連続で「バナナ」。日本バナナ輸入組合は8月7日の「バナナの日」に合わせ、「バナナ・果物消費動向」調査の結果を発表した。「ミネラルやセロトニンを含むバナナは、熱中症や夏バテ、寝苦しい夏の睡眠にも効果的」とバナナの健康効果も合わせて訴求している。 調査は6月、インターネット調査で、16~70歳の大人対象と、年中4歳~高3の子ども対象(母親と回答)の2種が実施された。 よく食べる果物は、子ども調査でもバナナが1位を獲得し、7割超の子どもが「バナナが好き」

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら