6月は“食育月間” 下野農林水産大臣政務官、「消費者の部屋」展示を視察

総合 ニュース 2022.06.06 12411号 01面
下野六太・農林水産大臣政務官(左)と展示物を説明する前田奈歩子・食育担当参事官(東京・霞ヶ関、農林水産省「消費者の部屋」で)

下野六太・農林水産大臣政務官(左)と展示物を説明する前田奈歩子・食育担当参事官(東京・霞ヶ関、農林水産省「消費者の部屋」で)

手のひらで推定野菜摂取量を測定

手のひらで推定野菜摂取量を測定

食育展示期間中、農水省食堂で提供された「『旬』季節野菜カレー」

食育展示期間中、農水省食堂で提供された「『旬』季節野菜カレー」

 6月の「食育月間」にちなみ、東京・霞ヶ関の農林水産省「消費者の部屋」で1日、野菜・果物と食育をテーマに企画展示が行われ、下野六太・農林水産大臣政務官が視察した。手のひらで簡単に推定野菜摂取量が測定できる機器を体験した下野政務官は「食生活を振り返る良い機会になる。不足を解消する具体策や、野菜・果物の魅力を伝える情報展示も充実している」と評価。「さまざまな食育機会を通じ、食の課題を自分事としてとらえ、野菜・果物摂取や、適切なバランスの食生活を推進することが大切だ」と語った。