東海澱粉、新中計1年目は増収増益 養殖業へ参入示唆

総合 決算 2019.09.02 11935号 02面

 連結で売上高1900億円、経常利益40億円を最終目標とする第3次中期経営計画(19年~21年6月期)を実施中の東海澱粉。20年6月期の連結決算は、売上高が前年比3.2%増の1750億円、経常利益が同5.6%増の30億円、純利益が同12.2%増の15億5000万円を見込む。また8月28日の決算会見では、ベトナム駐在員事務所の現地法人化と、インド食品会社ガドレーマリンエキスポート社や日光水産との業務提携の発表に加え、養殖業への参入も示唆した。  海外現地法人は6社目。東海澱粉ベ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら