静岡流通特集

静岡流通特集:ヤマザキ 最注力の冷食を発売 大きな成長目指す

惣菜・中食 2021.09.22 12295号 12面

山崎朝彦社長

山崎朝彦社長

 煮豆・惣菜・フレッシュサラダ・グラタン・カットフルーツなどの製造販売を手掛けるヤマザキ(静岡市清水区)は、最注力カテゴリーに冷凍食品を掲げ、「レンジでほくほく じゃがバター」と「同 塩味そら豆」の既存ラインアップに「ごぼうの甘辛揚げ」を新たに追加した。いずれも保存性に優れ、急速冷凍技術で出来たての味を閉じ込めた時短に資する商品だ。山崎朝彦社長は「冷凍食品だからこそ実現できる消費者の生活習慣と嗜好(しこう)性にコミットした商品設計で、今後大きな成長を目指す」と話す。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

  • 静岡流通特集

    静岡流通特集

    小売

     静岡県は県内総生産額17兆4620億円で、北海道に次ぐ全国10位の経済規模を有する。産業別では第3次産業が構成比で54.2%と最も大きく、次いで第2次産業が44.9%、第1次産業が0.9%となっている。製造品出荷額は全 […]

    詳細 >