くらこん、新たな塩こんぶレシピ提案 「ぶっかけサラダチキンそうめん」

 【関西】くらこんは4月中旬から7月末の期間、「くらこん塩こんぶ」(58g)=写真=を使ったアレンジレシピ「塩こん部長のぶっかけサラダチキンそうめん」キャンペーンを実施する。期間中は商品パッケージに調理イメージとレシピを掲載し、新たな使い方を提案する。

 「塩こん部長のぶっかけサラダチキンそうめん」はそうめんに「塩こんぶ」とサラダチキン、大葉、梅干しをのせ、冷水をかけて混ぜるだけでできる簡単レシピ。「冷水をかけると『塩こんぶ』からうまみや塩味、甘みが染み出してきておいしいつゆができる。そうめんをつけつゆだけで食べるよりもタンパク質や食物繊維、カリウム、カルシウムなどのさまざまな栄養を摂取でき、梅干しと大葉で熱中症予防対策にもなる。サラダチキンを使うことでボリュームもある」(同社)

 「くらこん塩こんぶ」は熱中症にかかる人を減らし、亡くなる人をゼロにすることを目指すプロジェクト「熱中症ゼロへ」プロジェクトの2021年度の公式商品に認定された。今回のパッケージにはそのロゴも記載する。「熱中症予防として水分だけでなく、暑い夏に汗で失われる塩分を手軽に補給してもらえるよう呼び掛けていくとともに、『塩こんぶ』で作る『ぶっかけサラダチキンそうめん』を提案することで、さらなるレシピの幅を広げ、お客さまの豊かな食生活に貢献していきたい」(同)考えだ。(徳永清誠)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら