ハナマルキ・花岡俊夫社長に聞く 4期連続の好業績 「現場力」がヒット支える

オリジナル商品を生み出す企業風土について語る花岡俊夫社長

オリジナル商品を生み出す企業風土について語る花岡俊夫社長

 味噌・醸造製品メーカーのハナマルキは、18年(1~12月)の売上高が200億円を突破し、4期連続で過去最高を更新した。即席味噌汁や塩こうじ製品が業績に貢献し、創業100周年を記念した「みそ作り体験館」も話題になった。「液体塩こうじ」「透きとおった甘酒」など、他社がまねできないオリジナル商品の台頭も“100周年イヤー”に華を添えた。3代目として同社をけん引する花岡俊夫社長に、好業績の要因や個性的なアイテムを生み出す「現場力」について話を聞いた。(涌井実)  --18年の業績は

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら