アクタ、「和力」5年間の集大成 プラ容器の可能性を紹介

“魅せる”弁当・惣菜容器で華やかな売場作りを提案

“魅せる”弁当・惣菜容器で華やかな売場作りを提案

 食品容器の総合メーカーであるアクタは、展示会「ファベックス」に折り箱を中心としたプラスチック製のワンウエー、リユース弁当・惣菜容器を出展した。5年間の製品開発コンセプト「和力~wajikara~」最終年度の集大成として、過去4年間に生み出した製品を機能・メニュー別に紹介。新たな価値を付加する新製品も展示した。  同社はこれまで「和力」のコンセプトのもと、ビジュアルや機能面はもちろんきめ細やかなサービス、質感、受注システムなど、自社生産の弁当・惣菜容器で日本の力を表現してきた

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら