大日本印刷、植物由来包材「バイオマテック」の環境優位性を公表

 大日本印刷は植物由来包材「バイオマテック」の環境優位性を公表した。石油由来の包材を使用した場合に比べ、1年間でCO2の排出量が2500t以上減少した。2018年度の出荷量からCO2の削減量を算定した。これは17万8000本の木が1年間で吸収するCO2量に相当するという。
 同社は環境負荷の低減につながるパッケージシリーズ「GREEN PACKAGING」を展開。CO2削減において製造工程はもちろん、販売後の使用や廃棄などを含む製品のライフサイクル全体

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら