日本製紙、「シールドプラス」刷新 紙で酸素・香り防ぐ

シールドプラスを使ったパッケージ例

シールドプラスを使ったパッケージ例

 日本製紙は酸素や香りの透過を防ぐ紙製バリア素材「シールドプラス」をリニューアルした。グラビア印刷に適応した銘柄を新たなに追加し、バリア性の屈曲耐性を向上させた。食品や日用品などに向け10月から本格的に販売を開始した。  従来のシリーズを「シールドプラスII」に刷新する。片艶紙(白)をベース原紙に追加し、フレキソ印刷やデジタル印刷に加え軟包装市場で主流のグラビア印刷にも適応する。バリア性の屈曲耐性が向上したことで、ピロー袋やガゼット袋などよりも多様な包装形態への適用が可能にな

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら