挑戦する企業

挑戦する企業 ヤンマー(下)「くにさきOYSTER」安全性に着目

水産加工 2020.01.17 11998号 03面
ヤンマー中央研究所バイオイノベーションセンター(ヤンマーマリンファーム)

ヤンマー中央研究所バイオイノベーションセンター(ヤンマーマリンファーム)

収穫後は、精密ろ過膜で浄化した海水を使った水槽の中で検査結果を待つ

収穫後は、精密ろ過膜で浄化した海水を使った水槽の中で検査結果を待つ

 ●料理マスターズも採用  ヤンマーは「くにさきOYSTER」というブランド名で独自のロゴマークを作成し商標登録、冬季はマガキ(Pacific Oyster)、夏季はシカメガキ(Crassostrea sikamea)の2商品を出荷する。  ヤンマーが目指したのは欧米スタイルのカキ文化を日本に根付かせること。欧米の生食文化を国内で広げるために、大分県国東市にあるヤンマーマリンファームで蓄積してきた水産技術を駆使し、地元自治体や漁協と三位一体で取り組み、「くにさきOYSTER」

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら

  • 挑戦する企業

    挑戦する企業

    水産加工

     農業機械大手のヤンマーが地域の行政や漁業協同組合などと協力して取り組むカキ養殖事業が軌道に乗ってきた。ブランド名は「くにさきOYSTER」で、冬季商品のマガキは12月から4月まで期間限定で出荷する。同ブランドの生食用殻 […]

    詳細 >