三幸、エコバッグを従業員に配布 サステナブルな社会へ一丸

従業員一丸となって社会貢献活動を推進

従業員一丸となって社会貢献活動を推進

 【新潟】三幸は7月からのレジ袋有料化を受け、全従業員にオリジナルエコバッグを配布した。同社では、サステナブルな社会実現に向け社会貢献活動を推進しており、日々の生活の中で手軽に参加できるエコバッグ活動を従業員一丸となって取り組む。今後は消費者キャンペーンなどでも、エコバッグを活用していく考えだ。  オリジナルエコバッグは、社名の由来である「山の幸、野の幸、海の幸」を3人の忍者で表し表面にデザイン。裏面には日々の食卓に寄り添う(お供する)思いを込めて、「毎日三幸がおともします」

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら